岩田 整(いわた ひとし)

  • 憲法の精神に忠実な良心的在野法曹でありたい。
    街道の傍らに枝を広げ、夏は涼風をはらみ、冬は寒風を防ぐ。旅人がそこに憩う、そんな大樹のような事務所でありたい。

    私は、このたび、弁護士登録以来11年半にわたって所属したTOKYO大樹法律事務所を退所し、自宅からほど近い錦糸町において、家族とともに、錦糸町駅まえ法律事務所を開設いたしました。

    冒頭に記載した文章は、TOKYO大樹法律事務所が、創設以来40年以上の歴史の中で培ってきた理念です。私は、今後もこの理念を大切にし、弁護士業務を続けて参ります。

    具体的には、

    • 困っているひとの力になり、世の中をより良いものとしていきたい。
    • 弁護士としての知識・経験を深め、技術を磨き続けていきたい。
    • 依頼者のお気持ちに対し真摯に向き合いたい。

    このような思いを胸に、仕事に取り組んで参ります。

    錦糸町駅まえ法律事務所の、すぐ側には錦糸公園が、徒歩圏には猿江恩賜公園や亀戸天神が、ひと駅先にはスカイツリーがあります。事務所は、土曜日も営業しておりますので、行楽や散歩のついでにでもお立ち寄り下さいましたら幸いです。

    2021年7月1日

略歴
1968年
京都市西陣で生まれ、育つ
1992年
立命館大学経済学部卒業。
労働省(現厚生労働省)、経済企画庁(現内閣府)などで13年間勤務し、労働経済の分析、長期経済計画の策定、ILO第182号条約(最悪の形態の児童労働条約)の批准、障害者雇用促進法の改正などを担当(2005年退職)
2008年
中央大学法科大学院修了。
2009年
弁護士登録(62期、東京弁護士会)
TOKYO大樹法律事務所所属(2021年退所)
2021年
錦糸町駅まえ法律事務所開設
TOKYO大樹法律事務所のホームページはこちら
関心分野・専門分野

労働問題をライフワークとし、労働者、事業者からの依頼に応えています。
そのほか、夫婦・親子関係、行政など、幅広い分野の事件・活動に、取り組んでいます。

主な活動

内閣府官民人材交流センター 法令等遵守担当室長(2018年~、現職)
東京地方最低賃金審議会 公益代表委員(2013年~、現職)
独立行政法人国立公文書館 リーガルアドバイザー(2011年~、現職)
中央大学法科大学院 実務講師(2010年~2021年)
パタハラ対策プロジェクト リーガルアドバイザー。
東京弁護士会性の平等に関する委員会、日本労働弁護団、過労死弁護団などに所属

関与した主な事件
  • 「性同一性障害者(GID)法律上も父になりたい裁判」(戸籍訂正許可審判) 最高裁2013.12.10決定(最高裁判所民事判例集67巻9号1847頁ほか) 山下敏雅弁護団長らと取り組んだ事件
  • 労災保険の遺族補償給付不支給決定処分に対する審査請求(過労死) 埼玉労災保険審査官2015.1.26決定 佐渡島啓弁護士との共同受任事件
  • 労災保険の遺族補償給付不支給決定処分に対する取消訴訟(海外現地法人代表者に労災保険を適用) 東京高裁2016.4.27判決(労働判例1146号46頁ほか) 川人博弁護士、加藤佑子弁護士との共同受任事件
  • 養育費の支払終期の延長を求める家事審判 東京高裁2017.11.9決定(判例時報2364号40頁ほか)
  • 標準算定方式を上回る住居費等の婚姻費用を求める家事審判 東京家裁2019.1.11審判(家庭の法と裁判30号99頁)
  • 労災保険の遺族補償給付支給決定処分に対する取消訴訟(給付基礎日額の増額を請求) 東京地裁2019.1.31判決(労働経済判例速報2348号23頁) 佐渡島啓弁護士との共同受任事件